Lección 6 1人称単数形は不規則がいっぱい!

スペイン語の動詞は規則活用や語根母音の変化を起こす活用が多くありますが、一方で最重要動詞 ser などに見られるように、ルールと異なる活用をするものがあります。その多くは1人称単数形、現在(直接法)で不規則変化を起こすことが多く、これらは覚えなければなりません。しかし、似たタイプに分類できるものもありますので、気楽に見ていきましょう。

まずは1人称単数形が -go で終わるタイプです。不定詞の語尾の -ar, -er, -ir を取り除き、-go とすると1人称単数形になります。語根母音の変化動詞があるものの、1人称単数形以外は規則活用になります。

1人称単数形が -go で終わる動詞
poner, tener, salir, venir の現在形

*tener, venirは語根母音も e → ie に変化します。

その他の1人称単数形の語尾が -go で終わる動詞
valer 「価値がある、役立つ」, proponer 「提案する」,asir 「つかむ」

※不定詞の語尾が -ger, -gir の形で終わる動詞は1人称単数で -goになるのを防ぐため、語尾が -jo となります。
coger 「つかむ」 → cojo、elegir 「選ぶ」 → elijo

ただし、1人称単数形が -go で終わるタイプでも、上記のように1人称単数形は規則的に -go とならないものもあります。下記ではhacerを除き、1人称単数形が -igo で終わっていますが、2人称単数形以下は規則動詞と同じ活用です。

不規則的に1人称単数形が -go / -igo で終わる動詞
hacer, traer, caer, decir* の現在形

*decirは語根母音が e → i へ変化します。

その他の不規則的に1人称単数形の語尾が -go で終わる動詞
satisfacer 「満足させる」,atraer 「引き付ける」

次に1人称単数形が -zco で終わる動詞です。これらの動詞も1人称単数形以外は規則的に活用します。

1人称単数形が -zco で終わる動詞
conocer, conducir, agradecer の現在形

その他の1人称単数形の語尾が -zco で終わる動詞
establecer 「設立する」, aparecer 「現れる」
parecer 「~のようである」, reducir 「減らす」

≫次の項目